プロペシアなどの育毛薬で発毛促進~夢のハッスル発毛~

医療で薄毛克服

薄毛の原因を知る

悩み

我が国の成人男性のうち、約4割が薄毛の悩みを持つと言われています。 これだけ多くの人が悩む問題とあって、市場には数多くの育毛や発毛に関する薬剤やサプリメント、シャンプーなどが販売されていますが、その効果は限定的で誰もが納得できるものではないようです。 そんなことから、薄毛は治せないと諦める人も少なくないとされていますが、現在医療の世界では研究が進み、薄毛は治せるという認識で一致しています。 男性の薄毛のほとんどは、男性型脱毛症(AGA)が原因とされています。 AGAについてはまだ完全には解明されていませんが、ただし男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が関与していることはわかっています。 DHTの濃度が血中に増えることで、AGAは進行していくのです。 つまり、DHTを抑制すればAGAを改善することができます。 こうしたAGAの治療は、現在美容外科や美容皮膚科といった病院で行われ、年々治療に取り組む人が増えています。

AGAの治療について

AGAの治療には、DHTを抑制する薬剤と血行を良くし発毛をうながす薬剤が使用され、いずれも医師の診察を受けてから処方されます。 このうちDHTを抑制する薬剤は、フィナステリドやデュタステリドといった成分が配合されたものです。 血行を良くし発毛をうながす薬剤はミノキシジルが代表的なもので、毛根を活性化させる効能があるとされています。 これらの薬剤は効果が高いものですが、ただし即効性があるものではなく半年以上継続的に使用することで効果を発揮します。 そのため、ある程度長期的な費用を用意することが必要です。 これがネックとなるケースがあるとされますが、こうした費用を抑えるために薬剤を薬価の安い外国から個人輸入で手に入れる人が増えています。 AGAの治療を始める人は今後ますます増えていくことが見込まれていることから、今後薬剤の個人輸入も増えていくことが予測されています。 なお、薬剤には体質や副作用の心配があるため、必ず一度は病院でカウンセリング及び治療を行うことが必要です。

Copyright (c) 2015 プロペシアなどの育毛薬で発毛促進~夢のハッスル発毛~ All rights reserved.